ニュース

女性の胸狙う“ぶつかり男”逮捕 容疑否認も過去には「感触が良く十数回やった」

女性6人に“体当たり” 男は容疑を否認

東京・大田区の東急蒲田駅の改札口付近で、女性とすれ違いざまに体当たりをしていた男が、7月10日、警視庁に逮捕された。

逮捕されたのは、派遣社員の永田大輔容疑者(45)。
6月から7月にかけて、19歳の女性ら6人に体当たりをした暴行の疑いが持たれている。

永田容疑者は混み合う朝の通勤時間帯、若い女性らの胸元を狙い、偶然を装ってぶつかる犯行を繰り返していたとみられる。

イメージ

街では、同様の“ぶつかり被害”に遭ったという声も。

10代女性:
電車のホームとか、階段とかで当たられることあります。

10代女性:
わざととかでもぶつかってくる人、たまに見受けられます。(勢いが)結構強くて、1回「わー」って倒れそうになった時もあった。

2018年、JR新宿駅で撮影された同様の犯行をとらえた動画には、わずか30秒の間に、4人の女性に体をわざとぶつけながら歩く男の姿が捉えられていた。
JR東日本は警備員などによる警戒を強化したという。

また2020年1月、臨月だったお笑いタレントのキンタロー。さんも駅の改札口で“ぶつかり被害”に遭ったことを明かしている。

キンタロー。さん
(改札で)ピッとやったらドンと来て「え?」って。改札通ってるんですよ。私より先に追い抜いて行った。え?何?クッソ~!って、私気緩んでた。悔しかった、許せない。何なの。

逮捕された永田容疑者は「ぶつかった記憶はない」と容疑を否認する一方で、「過去に電車から降りる際にたまたまぶつかったときに感触が良かった。十数回やった」と過去の行為については認めており、「社会人として恥ずかしい行為だと思い、5月ごろにやめた」と話しているという。

警視庁は余罪があるとみて調べている。